【Lakitサイト紹介】#1 トップページにある”ジャンル”と”タイプ”って何?

How to use

こんにちは!Lakit運営チームのスタッフOです。

いつも、Lakitサイトをご訪問いただきありがとうございます。

今回は、サイトの便利な使い方紹介の第1弾として、トップページにある「ジャンル」と「タイプ」によるレッスン検索機能をご紹介します。

Lakitサイトはお客様の利便性と満足度向上のため、アンケートなどで寄せられたご意見をもとに、日々改善を重ねています。

今後は新機能の追加など、サイトでできることがどんどん増えていく予定ですので、どうぞ楽しみにしていてくださいね♪

(こちらの記事は2021年10月現在のトップページの情報です)

トップページでできることは? 会員登録をしよう!

まず、Lakitサイトのトップページを紹介します。

サイトの右上には「登録/ログイン」ボタンがありますので、「まだLakitに登録してないよ」という方は、ぜひ登録してみてくださいね。

トップページをスクロールすると、まず最初に目に入るのが「New Lesson 新着レッスン」の紹介です。

「新着レッスン」には毎週新しく公開されたレッスンが並びますので、ぜひ最新情報をチェックしていてください!

「ジャンル」検索

トップページをもう少しスクロールしていくと、「新着レッスン」の次に「ジャンル」その次に「タイプ」という項目があります。

この二つの違いとは、いったいなんだと思いますか?

まずは、「Genre ジャンル」について。

「ジャンル」は、 レッスンを内容別に分類したものになります。

現在、登録されているジャンルは5つ。それぞれのジャンルは以下のような内容で分かれています。

です。

トップページ「ジャンルから選ぶ」(PC画面)

興味のあるジャンルのバナーをクリックしていただくと、それぞれ紐づくレッスンに絞り込んで探すことができるようになっています。

もしくは「全てのジャンルから絞り込む」をクリックして詳細検索のページに飛んでからもそれぞれのジャンルを調べることができます。

詳細検索ページではそれぞれのレッスンのサムネイル画像を見ながら検索ができますよ💡

詳細検索ページ(PC画面)
詳細検索ページ(スマホ画面)

詳細検索は、デフォルトで新着順にレッスンが並んでいますが、視聴時間の長さで並び替えも出来ます。

おうち時間にレッスン動画を視聴いただく際、時間の余裕に合わせた検索をしていただけます♪

(視聴時間はあくまで動画の長さのため、実際に作業しながらだともっと時間がかかる場合もございます)

※順次、並べ替え項目や絞り込み機能などは拡充予定です

「タイプ」検索

さらにその次にあるのが「Type タイプ」検索です。

こちらの検索では、 それぞれのレッスンによって得られる気付きがどのタイプなのか、また、学んだ内容をどういうことに役立てていただけそうか、「THINK」「DESIGN」「ART」の3つに分類しています。

トップページ「タイプから選ぶ」(PC画面)

THINK

”THINK”タイプは「考える」という単語の意味通り、自らの考えを書きだすことで整理したり、思考プロセスに気づきが得られるタイプのレッスンです。

・モヤモヤしていることをすっきりさせたい人

・ノートや手帳などを自分なりにまとめたい人

・会議などで自分の意見をうまく伝えるようになりたい人

にお勧めしたいレッスンが分類されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

DESIGN

”DESIGN”タイプはノートやメッセージカードなどのレイアウトやイラストを魅力的に見せる、かたちづくるためのレッスンを集めています。

・手作りの手紙やギフトなどで誰かに気持ちを伝えたい人

・いつも使うものを魅力的にアレンジしたい人

・アイデアや思いを形にしたい人

にお勧めのレッスンが集まっていますので、ぜひオリジナルのデザインを作ってみてくださいね!

ART

”ART”タイプは、自分の中に眠っている芸術的なセンスを発見し、自分の世界を表現するためのレッスンを集めています。

・手を動かして何かに没頭する時間を楽しみたい人

・表現することを通じて自分にちょっとでも自信を持ちたい人

・身近なことやモノを自分らしくカスタマイズしたい人

にお勧めのレッスンが集まっていますので、ぜひ自己表現の手法を広げてみてくださいね!

こちらの記事を参考に、検索機能を使ってやってみたいレッスンを探してみてください♪

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました